• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2012’03.12・Mon

一年前のこと

昨日は震災から一年目の日でしたね。
今日も朝から震災一年後の状況を報道されています。

あの日
私は休日でパソコンをいじってました。
正面にテレビがあるのですが、
急にテレビの画面が変わって津波到着予想時刻を延々と始めました。
しばらくなんのことかわからず、今に詳しいことをいってくれるものと画面に見入ってたのですが、
とにかく延々と到着予想時刻たけを女性アナウンサーがところどころつっかえながら伝えています。
そこでフジテレビにチャンネルを変えてみると、安藤優子アナがこわばった表情でその時点でわかる情報を伝えてました。
「東北で地震、震度…」あ、東北で地震、と思ったとき、画面の中が強い揺れに!
「揺れています。揺れています。」こわばりながらも冷静に安藤さんが言っているのを聞き、
あ!東京も揺れてる!瞬間胸がドキドキしてとっさに息子に携帯で電話をかけていました。
長男は大学も住まいも八王子市なので、きっとそんなに被害ないだろうと思いましたが、同じ東京でしたので。

でもつながりません。何度かけ直したか定かではないですが、多分5回目くらいだったと思います。
「今、会社説明会中で…」とちょっと小声な息子の声。「あ、ごめん話せないね。」と切ろうとしたら、
「ちょちょっと…今中断中だから」「へ?今どこ?」「会社説明で青山に来てる。」!!ってことは…
「大丈夫?今テレビで言ってたけど…」「ウン揺れたよ」以外と冷静。「エレベーター使っちゃダメだよ。そこは古い建物?なんか崩れた建物あったみたいよ。」「エレベーター動いてないし、ここ新しいみたい」と。
またテレビで「揺れています。」というこえが、すると息子も「揺れてる。」周りでキャーキャーという女の子の声が…テレビではどこかで火事だとかでその映像が映ったり崩れたビルではけが人がでた模様とか伝えてます。心臓はバクバクするし、体はちょっと震えてました。すると息子は「もう騒ぎ過ぎ!どうってことないよ。」と落ち着いた声で。私のほうがオロオロしてました。
後で知ったのですが、この時間帯電話はほとんどつながらない状態だったとか。
つながったのが奇跡だったなと思います。

とにかくなるべくいれるだけその建物にいること。この後はメールで連絡を取ろうと言って電話を切りました。
その後は電車は動いていないから帰れない。いわゆる「帰宅困難者」となってしまいました。

次の連絡で、説明会で話した人と居酒屋にいる。ここで時間つぶす。という内容。
私はちょっと落ち着いてきました。

夜中を過ぎて何時だったか、電車が復きゅうしたので帰る。という連絡をもらってやっとホッとしました。

でも被災地から次つぎ映りだされる映像は、現実に起こっていることに思えないほどすさまじく、東京のそれとは比べ物になりませんでした。


未だがれきの残る被災地。なぜ一年もたったのになにも復興してないのか。
自分も何もできないのだけれど、政府の対応の遅さに憤りを感じてしまいます。
全国から送られた義捐金はどう活用されているか、復興の計画、原発の行方…
あまり伝わってきません。被災者の方に頑張れ頑張れっていうけれど、一体何を頑張ればいいのかわからないのではないでしょうか。もっと道筋というか、どこに向かって頑張ればいいのか、導いていってほしいです。

富山県もがれきの受け入れをする。というニュースが今日の新聞に掲載されていました。
いいことだなと思います。とにかくがれきを撤去しないことには何も進みませんものね。

自分に何かできることはないか。日本中この思いをかかえている人であふれているのに、思いが形になるのはむずかしい。
私の実感です。



長々とお付き合いいただきありがとうございます。
震災の記憶。私も忘れないように少し書いてみました。


スポンサーサイト

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genreその他 Theme独り言

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

ブログランキングに参加しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。